気を付けたい!京都風俗店のぼったくり店の見分け方

セクシーな女性

店舗型風俗店のぼったくり店の見分け方


デリヘルは利用する時に前持って電話をする必要が有りますが、箱ヘルやソープなどはわざわざ電話をしなくても繁華街に行けば好きな店にいきなり入って遊んで来ることも可能です。電話で予約をするのが苦手という人には店舗型風俗店や人妻風俗の方が手軽に利用出来ることでしょう。ですが、いきなり風俗店に入るのはいいですが、くれぐれもぼったくり店には注意してください。呼び込みをやっている店なんか間違っても入ってはいけません。本当に人が入ってる店はそんなことはせず、有料で広告を掲載して宣伝しています。ぼったくり店舗によくある特徴としては、目立たないように営業している所が殆どです。目立たない路地の雑居ビルの地下、もしくは2階以上などにあることが多く、他の風俗店とは少し離れた場所で営業をしていたりもします。あまり目立つように営業していると、監査が入りやすくなって来るからです。繁華街からは離れた場所で営業していたりする所もあります。また、料金は安く書いているものの、実際は何倍もの料金を請求したりする店も存在するそうです。先日キャバクラで高額を請求して来た店があったとニュースになりましたが、風俗店にもそのような店が存在します。ぼったくりをするだけではなく、営業してはいけない場所で開業していたりすることも少なくありません。

お店の広告に掲載された女の子


可愛い大阪の風俗嬢を探すために、いつもコンビニで売っている地域の情報紙を参考にしています。その情報紙には地域のお祭りなどのイベント情報や、美味しい食べ物の情報が掲載されているのですが、その雑誌の後ろの方には風俗の情報がいくつも掲載されています。風俗店に入店するときに割引されるサービス券が掲載されていることもあるのです。しかし、割引額はそれほど大きくないのが残念なところです。しかし、新しく入ってきた女の子の写真が掲載されていることがあります。目線入りで掲載されていることが多いのですが、中には口元だけを隠した写真が掲載されています。それだと目元がはっきり分かるので可愛い女の子かどうかすぐに判断出来ます。そのような写真をチェックしながらお店に行くのです。以前にあったのは、お店に働いていない女の子の写真を広告に掲載することです。地元誌に掲載されていた女の子を指名したいので、名前が何なのか聞いてみたら、「あれはお店の風俗嬢をイメージしたモデルさんです」と言われたのです。これに騙されてしまう人は多いのではないかと思うのです。ハンバーガーなども見栄えの良い写真の広告を使うのはお決まりの戦略だと思いますが、風俗店に限っては写真を掲載したらその女の子がお店にないとダメなような気がするのです。


京都の風俗嬢の体を気遣うと紳士的な客になれる


お客さんにとっては京都の風俗店でエッチするのは一日一回だけですが、京都の風俗嬢側はそうではありません。一日に何人ものお客さんを相手にする人もいるので大変です。楽に稼いでるように見えるかも知れませんが、お客さんをイカせてあげなきゃと思いながら仕事をしてるので体力も気力も使いながら仕事をしています。なので人気のある女の子と遊ぶ際は、お客さんとして利用する私達男性陣もよく気遣わなければなりません。意識して頂きたいのは、自分達は疲れてないけど女の子は疲れているということなのです。女の子を疲れさせてしまうことで、女の子がプレイで本気を出せなくなってしまうというデメリットがあります。

その為常に女の子の体を気遣いながらプレイするのが京都の風俗を楽しむコツです。オプションを頼めば女の子の給料は増えますが、体を気遣うなら頼まないのもお勧めです。
風俗で働いてる女の子達は体を気遣ってプレイしてくれるお客さんが好きなのです。乱暴なお客さんは結構多く、そのような人が多い中で優しく気遣ってくれる紳士的なお客さんは好まれます。お金を払ってるから自分の自由にさせて欲しいというのではなく、女の子を気遣いながらプレイをする方が自分にとっても良いのです。